外壁塗装でお家を丈夫に~ハウスtheパワーアップ~

時期を考える

Home environment

外壁塗装に時期は関係あるか

夏は暑く冬は寒いこの国ですが、外壁塗装にも季節による変化はあるのでしょうか。また、どのような時に外壁塗装はできなくなるのでしょうか。このような細かい情報もこれから外壁塗装を希望する人にとっては意外と重要な情報になるはずです。 まず、外壁塗装は夏場と冬場でその伸びが違います。夏場は気温が高いだけでなく壁の温度も上がり塗料が伸びやすくなります。よく言えば少ない塗料で塗装ができますが、悪く言えば薄くしか塗らなくても大丈夫なので、防水効果はやや弱くなります。逆に冬に場合は夏場と真逆の減少が起きます。 それ以外は時にこの季節はよくないというのはありませんが、気をつけなくてはならないのは北海道などの寒い地域です。

塗装ができない(しないほうがよい)時とは

ですが、物理的にマイナスになると塗装はすることが難しくなります。また、湿度が高い場合も外壁塗装をするのが難しくなります。擬態的な数字で言えば、気温は5度以下になった時、そして湿度が85パーセント以上になった時です。湿度85パーセントは梅雨の時期で数日ある程度ですのでそれほど気にする必要はないと思います。冬場の北海道や青森、岩手、秋田あたりは外壁塗装には向いていないというのがわかるかと思います。 また、気温や湿度以外にも外壁塗装を避けたほうがいい時は、春一番などで強い風が吹いている時です。確実に塗料に砂が混じりザラザラの塗装になってしまうに違いありません。 雨についても基本的には塗装には向いていませんが、小雨程度なら塗装にはそれほど影響はないようです。